1歳からのブロック知育玩具|フィッシャープライスのメガブロックがおすすめ!

この記事を書いた人
ドクターちいく
医師

子どもの知育を研究する医師。二児の父。 私立中学・高校受験生の個別指導、東大・京大専門塾での英語講師経験を持つ。 詳細はこちら

 

知育玩具としてブロックは定番です。

立体感覚を早いうちから身に付けるためにも、ブロックは早いうちから必ず買っておきたいものです。

子育て中の方150人を対象に行ったアンケート調査でも、レゴブロックアンパンマンのブロックラボが上位にランクインしています。

ランキングはこちら↓

150人が選んだ!本当におすすめの知育玩具、人気ランキング15選!

 

ただブロック型の知育玩具は、ピース同士を組み合わせるのにある程度力と器用さが必要です。

1歳前後ではレゴブロックやブロックラボを扱うのは大変です

そんな時期におすすめできるのが、フィッシャープライスの「メガブロック」です。

名前の通りピースが大きく、「1歳から使える」ことを売りにしています。

実際に使って感じたメリットや遊び方を紹介したいと思います。

 

小さな手で持ちやすい

一つ一つのブロックが大きいので、小さな手でも持ちやすく、遊びやすいおもちゃです。

ブロック同士を接続する部分も太くて大きく、力がなくても簡単にはめることができます

写真(右)は私の1歳の子ですが、自分で頂上にブロックをはめることができています。

もちろんレゴブロックなどと違って連結した状態で上を持つと簡単にはずれてしまうくらいの強さですが、1歳頃ならこれで十分です。

ブロックを触り、くっつけたり離したりといった動きが自力でできることに子どもは満足します

また手先の器用さも身に付けることができます。

 

立体感覚を学ぶ

やはりブロック型知育玩具を早いうちから買うメリットは、立体感覚を身に付られることにあります。

自分で立体を構築し、「どのようにくっつけるとどんな形になるのか」をイメージする力が鍛えられます。

立体感覚はこれから算数、数学を学んでいくために必須の力です。

1歳頃からブロックを買ってあげることは大切で、最初に買うファーストブロックとしてこのメガブロックは最適と言えます。

 

色を学ぶ

一つ一つのブロックが大きく、それぞれがカラフルな色です。

「赤いブロックの上に青いブロックをくっつけよう」

というように、「あか」「あお」といった色を覚えることができます。

「赤だけを集めよう」「水色の上にオレンジをのせよう」

というように、早いうちから色を意識して遊ぶことで、豊かな色彩感覚を身に付けることができます。

 

文字を学ぶ

中には、アルファベットが書いてある商品もあります。

たとえば、

「この水色はTだね」

というように、色とアルファベットをつなげて覚えることで、早いうちから英語になじみやすくなります

「Gの次にHをくっつけよう」

というように、アルファベットの順番をブロックで意識させることもできます。

ブロックが大きいので文字も大きく、読みやすいのがメリットです。

1歳頃から英語になじませることができるでしょう。

 

適度な大きさで安全

ブロックは軽くてとがった部分はなく、怪我をする心配はありません

一つ一つは大きいので、子どもが飲み込む心配もありません

1歳頃の子どもは何でも口に入れますが、親が常に見張っておかないといけないおもちゃは手がかかって不便です。

メガブロックなら、親の目を離れても一人で遊ぶことができ、安全、安心の設計です

 

片付けやすい

専用の袋やコンテナが付いているので、簡単に片付けることができます。

ブロックをつかむのに子どもが慣れてくると、

「この袋に入れてみよう」

というように、自分で片付けさせることもできます。

簡単にお片付けができるのも親としては楽なポイントです。

 

他のブロックとはつながらない

レゴブロック(デュプロ)やアンパンマンのブロックラボとの互換性はありません

ブロック自体が大きく、接続部分の形も全く異なるためです。

対象年齢やコンセプトも全く違うおもちゃですので、「1歳〜2歳の間に使うおもちゃ」と考えた方が良いでしょう。

1歳前後では、レゴやブロックラボはまだ早いので、まずはこのブロックラボを買うのがオススメです。

 

以下の記事も参考にどうぞ!

アンパンマンブロック「ブロックラボ」とレゴの違い、感想と選び方 子ども向けレゴブロック デュプロは何歳から?おすすめの商品はどれ?

 

おすすめの商品は?

メガブロックには様々な商品があります。

ピース数が多いものでは、たとえば以下の商品が150ピースあります。

 

ただ、1歳〜2歳頃に使うことを想定すると、あまりピースが多すぎる商品を買ってしまうのはおすすめできません。

最適なのは、以下の80ピース程度でしょう。

 

コンテナの方が片付けやすいので、以下の101ピースの商品もオススメです。

 

早いうちから英語になじませたい、という方は、ブロックにアルファベットが書かれている以下の商品がオススメです。

 

ブロックはいくらでも買い足していくことができるので、最初は少ない量から買ってみてもよいでしょう。


今回はフィッシャープライスのメガブロックを紹介しました。

ブロック型知育玩具を早いうちから買ってあげるのは必須だと思いますが、1歳頃ならまずこのメガブロックがオススメですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です