ピタゴラスとマグフォーマーはどっちを買うべき?違いと実際に使ってみた感想

この記事を書いた人
ドクターちいく
医師

子どもの知育を研究する医師。二児の父。 私立中学・高校受験生の個別指導、東大・京大専門塾での英語講師経験を持つ。 詳細はこちら

 

「ピタゴラス ひらめきのプレート」「マグフォーマー」も、有名なプレート型のおもちゃです。

ピタゴラス↓

 

マグフォーマー↓

 

このサイトでの、子育て中150人に行なったアンケート調査でも、この2つのおもちゃはいずれもランクインしました。

150人が選んだ!本当におすすめの知育玩具、人気ランキング15選!

 

三角形や四角形など様々な形があり、磁石でくっつけて立体を作ることができます。

この2つのおもちゃはよく似ているように見えますが、実際に遊んでみるとコンセプトが随分違うことに気づきます

買うのを迷っている方のために、これらを詳しく比較してみます。

 

ピタゴラスのメリット

ピタゴラス

平面でも楽しめる

まだ立体を作れないような1歳〜2歳前半でも、床に並べて道を作ったり、花を作ったりすることができます

正方形や三角形を組み合わせるとどんな形ができるのか、をまず平面でイメージすることができます。

マグフォーマーは枠だけのおもちゃなので、面で形を作る楽しみはピタゴラスには劣ります

 

展開図をイメージしやすい

展開図を作ることができるのは、どちらも同じです。

三角形や四角形のプレートを展開図のように広げ、子どもと一緒にその展開図から立体を作ります。

立方体や三角錐のような立体を、展開図から簡単に作れます。

また、同じ立体を色々な展開図から作れる、ということを学べます

図形に強くなると、算数に強い子どもに育ちます。

 

ここまではピタゴラスもマグフォーマーも同じです。

さらにピタゴラスは、立体から展開図に戻す作業も簡単にできます。

展開図から立体

立体から展開図

という双方向を知ることで、

この展開図ならどんな図形になるか?

より効果的にイメージすることができます。

マグフォーマーでもできなくはないですが、ピタゴラスよりかなり磁力が強いため、立体から展開図に戻す作業は大変です

少なくとも子どもにはできません。

 

色彩感覚が身につく

プレートは、赤や緑、青といった鮮やかな色です。

また裏表が違う色なので、ピース数の割に色のバリエーションが非常に多いです。

立方体の色をそろえたり、赤と青だけで作ったり、と色に対する感覚を養うことができます。

マグフォーマーも色彩は豊かですが、裏表は同じ色で透明ですし、枠だけのおもちゃなので、色より形のイメージが重視されているのがわかります。

 

容器を作ることができる

子どもは箱を作って中に他のおもちゃを入れて楽しみます

自分で何かを入れる容器を作る、という創造性を養うことができます

マグフォーマーはプレートに穴が空いているので、容器をつくるという発想ができません

マグフォーマーのメリット

マグフォーマー

形の種類が豊富

ピタゴラスのピースは四角形や三角形だけです。

一方、マグフォーマーは五角形平行四辺形台形があったり、円や球を作ることができる湾曲したピースが豊富にあります。

マグフォーマーでは、角張った立体だけでなく、丸い立体の構造をイメージすることもできます

またマグフォーマーには、車輪や窓がついたピースもあります。

車を作ったり家を作ったり、とピタゴラスでは作れない豊富な立体を作ることができます

 

家を作れるセットはこれ↓

 

磁力が強い

マグフォーマーはピタゴラスよりはるかに磁力が強いです。

一度くっつくとなかなか外れにくいので、かなり大きな立体も安定して作ることができます。

一度作ると、子どもがそのまま持ち運んだりすることもできます

たとえば、カメラを作って、それを持って写真を撮るマネをすることもできます。

ピタゴラスは磁力が弱いため、くっついたまま持ち上げることは子どもにはやや難しいです。

床に置いて遊べば途中で崩れてしまうことはありませんが、作ったものを持って遊ぶ、という発想は生まれにくいおもちゃです。

 

ピースを次々追加できる

マグフォーマーは、セットが豊富にあります。

また、四角形だけ、三角形だけ、のようなバラ売りもされています。

設計図を見て子どもが、

「これを作りたい!」

と言ったとき、足りないピースを確認して、

「あとは正方形だけのセットを追加で買おう」

というような買い方ができます。

ピタゴラスでは少しずつピースを増やすということはできません


ピタゴラスとマグフォーマーを比較してみました。

もちろんこれらを混ぜて使うことはできません。

どちらにも良い点、悪い点があるので、選び辛いかもしれません。

ここに書いたことを参考にしていただければと思います。

 

マグフォーマーについては以下の記事でも解説しています!

マグフォーマーの選び方、遊び方レビュー、メリット&デメリットを解説!

購入はこちらから!↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です