2歳向け|初めての知育パズルは「セイカのジグソーパズル」がおすすめ!

この記事を書いた人
ドクターちいく
医師

子どもの知育を研究する医師。二児の父。 私立中学・高校受験生の個別指導、東大・京大専門塾での英語講師経験を持つ。 詳細はこちら

 

子どもの知育のためには、ジグソーパズルは早いうちから必ず買っておく必要があります

しかしあまりにたくさんのパズルが売られているので、どれを買っていいか分からない、という方も多いでしょう。

今回オススメするのは、パズルの中でも人気の高い「セイカのジグソーパズル」です。

 

子育て中の方150人に行なったアンケート調査では、惜しくも上位にランクインはしませんでしたが、セイカのパズルを選んだ方は複数いました。

150人が選んだ!本当におすすめの知育玩具、人気ランキング15選!

 

パズルでランクインしたのは「くもんのジグソーパズル」でしたが、セイカの商品は全くコンセプトが異なるので、私は両方買うことをオススメします

くもんのジグソーパズルのレビューはこちら↓

パズルは2歳から!「くもんのジグソーパズル」をオススメする理由

 

特に2歳前半でのファーストパズルとして、セイカのジグソーパズルはオススメです。

なぜオススメできるのか、商品の特徴や実際に使って感じた効果などを書いていきます。

 

知育の効果

自力でできる

くもんのパズルとセイカのパズルでは、コンセプトが全く異なります

セイカのパズルには、台紙があります。

台紙にピースが形どられているため、ここに順にピースを置いていくことになります。

完全にフリーの状態でピースを集めていくより、難易度が低くなります

くもんのパズルでは、ピース数が少ないステップ0やステップ1くらいでないと、2歳〜3歳の子どもが自力で完成させるのは不可能です。

親が付きっ切りで指導する必要があります

しかしセイカのパズルは台紙があるため、2歳〜3歳から、ある程度親の手を離れて自力で頑張ることができます

自分で考える力や自立を促すことができる利点があります。

 

絵のつながりを意識できる

セイカのパズルには台紙があるので、4つの辺からまず攻めていくことになります。

台紙に絵の続きがあるため、そこにつながる絵が書かれたピースを探す、という発想ができます。

たとえば、「アンパンマンの足があるから、アンパンマンの胴体のピースを探す」といった具合です。

ピースとピースの絵のつながりをより強く意識することで、発想力や構成力が身につきます

 

図形を意識できる

一般的なパズルのピースは正方形がベースで、どれも似た形です。

それぞれのピースの「形の違い」を意識することはありません

大人でも、「この形のピースはここ」というような記憶の仕方はできませんよね。

しかしセイカのパズルは、ピースごとに形が特徴的です。

台紙の形と合う形を選ぶ、という作業ができるため、図形に対する意識が高まります

図形への感覚を磨くことができ、算数に強くなります。

 

ピースの形が特徴的なので、何度も繰り返すうちに、トランプの神経衰弱のように、

「この形はこの位置」

と子どもが覚えるようになります。

記憶力を磨くことができる、というのも大きなメリットです。

最初は親の手助けがいりますが、繰り返しトライすることで、徐々に自力でできるようになってきます。

自力で絵を完成させた、という達成感を味わうことができるのも大きなポイントでしょう。

 

キャラクターが豊富

セイカのパズルは、アンパンマンやウルトラマン、プリキュアなど、様々なキャラクターの絵が書かれてあります。

絵はかなり細かく複雑で、ピースごとに特徴ができるようになっています。

たとえばアンパンマンパズルなら、アンパンマンやばいきんまん、ドキンちゃん、しょくぱんまん、というように、ピースに書いてある絵の一部を見るだけでキャラクターがわかります

ピース一つから全体像を想像しながらパズルを完成させることができます

 

片付けもしやすい

パズルは、

ピースがバラバラになって片付けにくい

ピースがなくなりやすい

といったデメリットがあります。

セイカのパズルは、専用のビニールケースが付いているので、最後は完成させてケースに戻す、という形で片付けることができます。

保管もしやすく便利です。

 

どれを買うべき?

セイカのパズルはピース数が様々です。

まず2歳から3歳前半なら、30ピースから45ピースがオススメです。

特に初めての時は、30ピースから買うことをオススメします。

 

30ピースの商品↓

 

45ピースの商品↓

 

3歳後半から4歳以上では、65ピースから80ピースとより難度の高いものを購入するのが良いでしょう。

65ピースの商品↓

 

80ピースの商品↓

 

口コミを紹介

子育て中の方150人にとったアンケート調査で、セイカのパズルを選んだ方のコメントを掲載しておきます。

40ピースから始めてみましたが最初は一緒にでないとできませんでした。

やり始めるとパズルのピースを回転させたり、絵を覚えたりすることが楽しみになっているようでした。

最終的に自分でできるようになり、指先もとても器用になったと思います。

(30代女性)

キャラクターものが多いので子どもが喜びました。

飽きずに何度もやっていたので、買ってよかったと思いました。

(30代男性)


セイカのパズルは、乳幼児向けのファーストパズルには最適です。

ぜひ購入してみてください。

こちらの記事もご参照ください↓

パズルは2歳から!「くもんのジグソーパズル」をオススメする理由

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です