【徹底比較】オススメの知育玩具レンタルサービス

鉛筆の持ち方を学べるおもちゃ!ハペのチューチュートレインをおすすめする理由

この記事を書いた人
ドクターちいく
医師

子どもの知育を研究する医師。 私立中学・高校受験生の個別指導、東大・京大・医学部専門塾の元講師。 詳細はこちら

 

子供に鉛筆の持ち方を学ばせるアイテムはたくさんあります。

中でも気軽に学べるおもちゃとしてオススメしたいのが、ハペの「チューチュートレイン」です。

Hape(ハペ)とは、世界的に有名なドイツの知育玩具メーカーです。

1986年に設立されて以来、60か国以上で商品が販売されています。

特に木製の知育玩具は、その質の高さや安全性が広く知られています。

 

今回は、このハペの「チューチュートレイン」を実際に使い、感想をレビューします。

 

チューチュートレインはどんなおもちゃ?

チューチュートレインは、マグネットを使った迷路のおもちゃです。

電車のイラストが書かれ、中に迷路のようなルートがあります。

表面はプラスチックの透明な板で覆われ、ボールが外に出てくることはありません。

マグネットペンを使い、このルートの中でボールを移動させて遊ぶおもちゃです。

 

チューチュートレインのメリット

ボールを目的の場所に移動させるには、それなりの集中力が必要です。

マグネットペンを速く動かし過ぎるとボールが逃げてしまいます。

ゆっくり慎重に、正確にボールを運んでいかねばなりません

子供はこの動作に夢中になり、集中力を養うことができるのです。

 

鉛筆の持ち方も学べる

マグネットペンを使えば、鉛筆の持ち方を学ぶこともできます。

小さな手でも持ちやすい太さ、長さですので、遊んでいるうちに自然と正しい持ち方が身に付きます

遊びに熱中しているうちに鉛筆の持ち方も学べる、というのが、このおもちゃの最大の利点でしょう。

 

手先の知育に

マグネットペンを用いて小さなボールを移動させるには、手先の器用さが必要です。

手先を細かく使うことで、手先の知育につながります。

 

バラバラになることなく片付けやすい

前述の通り、ボールは外に出てきませんので、子供が口に入れたりする心配はありません

またマグネットペンも紐で本体と繋がっており、左下に収納することができます。

どれも分離することがありませんので、片付けやすいのもメリットです。

 

色を学ぶ

ボールの色は青と赤の二種類。

シンプルですが、

「青いボールをこっちに動かそう」

「赤いボールをあっちに動かしてみて」

というように、青や赤といった色を伝えることで、子供は色の名前を学ぶこともできます。

 

何歳から使える?

子供によって個人差はありますが、鉛筆を持つ練習は2歳頃から始めることができます

したがって、このおもちゃも2歳頃を目安に買うとよいでしょう

3歳、4歳頃まで遊べますが、5歳になると少し単純すぎて楽しめなくなる印象です。

2歳〜4歳くらいで楽しめる知育玩具、と考えるとよいと思います。

 

チューチュートレインは、上質な木製の、イラストもかわいい、知育効果も高いおもちゃです。

価格も安いですし、プレゼントにも最適でしょう。

 
2歳向けのおすすめ知育玩具は以下の記事もご参照ください。

【厳選】2歳におすすめの知育玩具 全7種類をランキング!