【徹底比較】オススメの知育玩具レンタルサービス

知育玩具レンタルサービス「ハッピートイ」を実際に利用した感想、メリット・デメリット

この記事を書いた人
ドクターちいく
医師

子どもの知育を研究する医師。 私立中学・高校受験生の個別指導、東大・京大・医学部専門塾の元講師。 詳細はこちら

 

知育玩具レンタルサービスはたくさんありますが、中でも有名なのが「ハッピートイ」です。

ハッピートイの特徴としては、

1ヶ月、2ヶ月、6ヶ月と交換期間を好みに合わせて選べる

海外の知育玩具が中心

知育玩具インストラクターが最適なプランを選んでくれる

といった点が挙げられます。

実際に利用してみましたので、その感想をレビューします。

 

なお、レンタルサービス各社の比較記事を先にご覧いただくのがオススメです。

【徹底比較】知育玩具レンタルサービスおすすめ5社のメリット・デメリット、料金プランの違いを解説

 

ハッピートイとは?

ハッピートイは月額制の知育玩具レンタルサービスの一つです。

1ヶ月、2ヶ月、6ヶ月のいずれかの間隔で知育玩具が4〜5点送られてきます

定価で買うと1回あたり総額12000〜15000円分です。

特に海外製の知育玩具にこだわっており、有名ブランドの商品も多数取り揃えています。

 

価格はどのくらい?

前述の通り、1ヶ月、2ヶ月、6ヶ月で価格が異なります。

また、地域によって価格が異なるのが特徴です。

愛知県の企業なので、愛知県からの距離に応じて以下のように値段が変わってきます。

 

東海・関東・近畿・北信越(地域A)

東京までの価格

 

中国・四国(地域B)

価格とプラン

 

九州・東北(地域C)

価格とプラン

 

北海道・沖縄(地域D)

価格とプラン

この価格には往復送料が含まれるため、この値段以上に支払う必要はありません

これらは「毎月支払う金額」ですので、交換期間によらずこの金額を毎月払い続ける仕組みです。

当然ながら、おもちゃの交換頻度が高いほど月額料金が高くなる、ということですね。

 

筆者は1ヶ月プランを利用しましたが、これだと1ヶ月あたり4〜5点を毎月送ってもらえることになります。

6ヶ月プランだと、6ヶ月同じ4〜5点で遊び続ける、ということです。

なお、1年間の一括払いで10%オフが適用されます。

 

なお、業界最大手のトイサブ!が、2ヶ月交換で全国一律3340円(税抜・送料込)ですので、価格的にはAかBの地域だとハッピートイが割安です。

ただし、トイサブ!おもちゃが1回6点ですので、総合的に見るとトイサブ!の方がややお得です。

 

詳しい比較は以下の記事をご参照ください。

【徹底比較】知育玩具レンタルサービスおすすめ5社のメリット・デメリット、料金プランの違いを解説

 

実際の流れ

インターネットで申し込み

公式サイトから、好みのプランを選んで申し込みます。

申し込み後すぐにメールで連絡があり、その返信で契約が確定します。

混んでいなければ入金確認後2週間以内におもちゃが発送されてきます

 

おもちゃが到着

オリジナルのダンボールに入ったおもちゃが郵送されてきます。

中には遊び方が書かれた資料などが入っていて、これを見ながら子どもと一緒に遊びます。

 

返却は着払いで

着払い伝票が入っていますので、返却も簡単。

交換のタイミングに合わせて返送準備をし、準備ができたらメールで連絡します。

そののち次のおもちゃが送られてきますので、その時点で元のおもちゃを回収。

常に手元におもちゃがあるので、その点で安心です。

 

衛生面は大丈夫?

一つ一つ除菌、消毒剤を使用して丁寧に消毒されています。

他の知育玩具レンタルサービスと同様に、心配する必要はないでしょう。

 

壊したり失くしたりしたら?

やむを得ず壊れてしまったケースについては、

「遠慮なく、次回返却時にお戻し頂ければ結構です」

とあり、特段の厳しい規制はないようですが、紛失した場合は弁償が必要です。

 

対象年齢は?

対象年齢は6ヶ月〜4歳と、一般的なレンタルサービスと同じです。

年齢に応じて最適な知育玩具を選んでもらえます。

 

ハッピートイのメリット

1ヶ月プランがある

知育玩具レンタルサービスで最も多いのは隔月交換です。

1ヶ月プラン(毎月交換)があるのはハッピートイとキッズラボラトリーだけですが、キッズラボラトリーは送料が1000円かかるため、ハッピートイの方が少し割安です(地域Dを除く)。

飽きっぽい子どもで毎月交換したい、という場合はハッピートイが有利でしょう。

詳細な比較は以下の記事をご覧ください。

【徹底比較】知育玩具レンタルサービスおすすめ5社のメリット・デメリット、料金プランの違いを解説

 

海外製が多い

海外の有名ブランドの知育玩具が揃います

海外ブランドの知育玩具は、情報が集めにくいのがネックです。

アマゾン等のレビューでも海外からの英文レビューが多く、日本人は参考にしづらいと思います。

ハッピートイでは、知育玩具インストラクターが人気の海外商品を選んでくれるため、その点で安心感があります。

 

気に入ったらそのまま購入可能

レンタル中の商品を子どもが気に入ったら、なかなか返却しづらいでしょう。

その場合は買取も可能です。

価格についてはメールで個別に相談、となっています。

この点は他のレンタルサービスと同じです。

 

ハッピートイのデメリット

LINEは使えない

知育玩具レンタルサービスの中でもトイボックスキッズラボラトリーはLINEで連絡をとることができます。

おもちゃに関する希望を出したり、問い合わせをしたり、など、忙しい中でスキマ時間を利用することができます

一方、ハッピートイはメールのみですので、Gmail等、PCのメールを使用することになります。

 

日本製のおもちゃが好きな人にはお勧めしにくい

ハッピートイは海外製の知育玩具が中心です。

日本製の知育玩具で遊びたい、という場合はお勧めしにくいというデメリットがあります。

 

遠隔地だと値段が高くなる

前述の通り、価格は愛知県からの距離で変わります。

遠隔の場合は他のレンタルサービスより割高になります。

前述の通り、知育玩具レンタルサービスの最大手トイサブ!は、地域によらず一定価格で送料無料ですので、価格面ではそちらの方が安心感はあります。

トイサブ!を使用した感想|おすすめ知育玩具レンタルサービスのメリット・デメリット

 

ハッピートイの詳細は以下、公式サイトをご覧ください。

ハッピートイ公式サイトへ

 

各レンタルサービスの比較記事もご覧ください。

【徹底比較】知育玩具レンタルサービスおすすめ5社のメリット・デメリット、料金プランの違いを解説