3歳〜4歳向け|図形を学ぶ最高の知育パズル「たんぐらむ」のメリット

この記事を書いた人
ドクターちいく
医師

子どもの知育を研究する医師。二児の父。 私立中学・高校受験生の個別指導、東大・京大専門塾での英語講師経験を持つ。 詳細はこちら

 

3歳〜4歳頃に買うべき知育玩具としては、公文式の「NEWたんぐらむ」が圧倒的にオススメです。

「知育玩具を選ぶなら全員が必ず買うべき」と言っても良いと私は思います。

実際、子育て中の方150人に行なったアンケート調査でも、たんぐらむは多くの方が選び、8位にランクインしています。

150人が選んだ!本当におすすめの知育玩具、人気ランキング15選!

 

タングラム(Tangram)とは、もともと「正方形から切り出した7枚の板でさまざまな形を作る中国起源のパズル」のことです。

これをもとに、公文式が子どもの知育を目的に改良した形になっています。

温泉旅館でもよく見かけるおもちゃですが、こちらは子どもが楽しく学習できるように、驚くほど様々な工夫がされています。

「たんぐらむ」はなぜ買うべきなのか?

どんな知育効果があるのか?

実際に使ってみて感じたメリットを解説します。

 

たんぐらむのメリット

楽しく図形を学ぶ

たんぐらむは、3種類の直角三角形と、平行四辺形正方形2種類の台形の全7ピースで構成されています。

これらのピースを組み合わせて様々な図形を作っていきます。

木でできたピースを、色々な方向に向けたり、裏返したり、と試行錯誤しながら図形を形づくっていきます

小さな図形から大きな図形を作る中で、考える力や、構成力集中力が身につきます。

また、頭の柔らかい幼い頃から図形の感覚が身につくことは、算数が強くなる子どもにするには最適な方法です。

 

目的と達成感

図形を組み合わせる知育玩具としては、マグフォーマーピタゴラスも人気です。

マグフォーマーの選び方、遊び方レビュー、メリット&デメリットを解説! ピタゴラスとマグフォーマーはどっちを買うべき?違いと実際に使ってみた感想

 

これらのおもちゃとたんぐらむの大きな違いは、

目的とする形がわかりやすい

正解に向かう過程にトライアンドエラーがある

完成した時の達成感を子どもが感じやすい

という3点にあると考えます。

たんぐらむでは、図形が切り抜かれた厚紙(ガイドボード)に、ピースをはめ込んでいくことになります。

つまり、目的の図形は実寸サイズで示されています

ピースをそのままはめ込んでいくので、目指すべき到達点が子どもにも明らかにわかります

また途中でずれにくいので、手先がまだおぼつかない子どもでも目標にスムーズに向かうことができます。

 

また、実際に置いてみてそれが誤りだったとき「この置き方が間違っている」と子どもはすぐに気づき、違う方法を試すことができます。

この明らかな「正誤の違い」がある、というパズル性が、マグフォーマーやピタゴラスとは異なるたんぐらむのメリットです。

(マグフォーマーやピタゴラス、レゴブロックなどはオリジナルの形を目指せるので、そこに「正解」や「間違い」はありません

またはめ込み式なので、ピタッとはまったときの子どもの感じる達成感は大きいものです。

試行錯誤の過程での努力と、正解を得た時の達成感というセットが子どもの向上心を磨きます

 

図形のバリエーションが多い

ガイドボードにはめ込んでいくタイプの作例が20種類あり、さらに冊子に46種類の作例があります。

つまり全部で66種類という、多彩な図形を作ることができます。

3歳頃は、厚紙にはめ込むタイプがわかりやすいので、こちらからまず始めるのが良いでしょう

慣れてくれば、冊子の方に移行し、さらに豊富な図形にチャレンジしていきます。

冊子の方の作例も実寸サイズなので、直接ピースを置いていくことができます。

大きな図形だと大人でも苦労するほど難しいものがあり、慣れてくると頭の柔らかい子どもの方が正解を言い当てます

幼い頃から図形に触れておくことがいかに大切かを思い知らされます

 

木でできて安全

ピースは、子どもが持ちやすい適度な大きさと分厚さです。

小さな子が飲み込んでしまう心配もなく、怪我をするほど尖ってもいません。

安全で遊びやすいのは大きなメリットです。

 

片付けも楽しく

最後は正方形のますに全部のピースを片付けていきます。

片付け方は10種類以上ありますが、うまくはめ込まないときっちり片付けることができません。

子どもと色々考えながら片付けることで、学びながらの片付けができます。

 

注意点

図形の型となるガイドボードはそれなりに分厚いのですが、子どもでも簡単に折り曲げてしまえる硬さです。

下に小さな兄弟(1歳〜2歳)がいる場合、ガイドボードを折り曲げたり破いたりする危険性があります

上述した通り、たんぐらむはガイドボードにはめ込むことが重要なおもちゃです。

これが破損すると大きなメリットが失われてしまいます。

小さな子がいる場合はテーブルの上でやるなど工夫が必要でしょう

 

他のタングラムとの違い

他の種類のタングラムも発売されています。

これらを比較しつつ、どれがオススメかについても解説しておきます。

 

アンパンマン NEW天才脳パズル

知育玩具ランキングでは、こちらの商品を選んだ方もいましたが、公文式のたんぐらむの方が人気でした。

アンパンマンのタングラムも、公文式のものとピースは全く同じ7種類です。

ガイドボードは20枚、冊子の例題は60問と、アンパンマンの方がやや問題数が多いです。

ただ、子どもはガイドボードをメインに遊ぶので、冊子の例題が多いことはそれほど大きなメリットとは感じません

 

私は個人的には、絵柄で動物や乗り物など様々なものの名前を覚えることができる公文式のたんぐらむの方をオススメします

アンパンマンの方の絵柄はアンパンマンの世界観にまつわるものですので、アンパンマンが好きでこちらの方が興味を持ちそう、という子どもにはおすすめできるでしょう

 

NEW さんかくたんぐらむ

くもん式から販売されている、三角形1種類のピースが8個で構成されたタングラムです。

24枚のガイドボードと、冊子に40種類の図形があり、こちらも作例は豊富です。

通常のたんぐらむに比べると、全てのピースが同じ形なので、難易度が低いおもちゃになっています

1歳頃からタングラムで遊ばせたい場合はこちらがオススメです。

ただ、やはりタングラムのメリットは、台形や平行四辺形、正方形など多彩な図形への認識を高めることにあります。

最終的には、スタンダードなタイプのタングラムを買うのがオススメです。


今回は、公文式のNEWたんぐらむについてまとめました。

どんな子どもにもおすすめできる知育玩具ですので、ぜひ購入してみてください。

 

こちらの記事もご参照ください!↓

150人が選んだ!本当におすすめの知育玩具、人気ランキング15選!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です