3歳〜5歳にオススメの幼児教材「こどもちゃれんじ」の詳細を見る

【厳選】1歳におすすめの知育玩具 全6種類をランキング!

この記事を書いた人
ドクターちいく
医師

子どもの知育を研究する医師。 私立中学・高校受験生の個別指導、東大・京大・医学部専門塾の元講師。 詳細はこちら

 

子供の知育のためには、1歳までに知育玩具をいくつか揃えておくことが大切です。

しかし、あまりに種類が多すぎて、どれを買えばいいのか分からない、という方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、6種類だけを厳選してランキング形式で紹介したいと思います。

 

全て私が自分の子供のために使用したもので、知育効果を実感し、自信を持ってオススメできる商品だけを選んでいます

ぜひご参考にしていただければと思います。

 

1歳向けおもちゃの選び方

赤ちゃんは1歳になると、自分で立ったり、自力で歩いたりできるようになります。

行動の範囲が広がることで、好奇心が高まるこの年代。

知育効果を狙って様々なおもちゃを買ってあげたいところです

 

また、手先の動きも徐々に成熟してくるため、手先の知育につながるようなおもちゃを選んだり、聴覚の発達に合わせて文字や言葉になじむおもちゃを選ぶことが大切でしょう。

夢中になれる商品を選ぶことで、集中力を身につけさせることも重要です。

 

また、自力でおもちゃを使って何かができた時は、

「よくできたね!」

と褒めてあげることで、自立心を促すのもポイントです。

 

では、1歳のこの時期にぜひ買ってあげたい知育玩具を厳選して6種類、紹介していきます。

(男の子、女の子いずれも使用できるものを選んでいます)

 

第1位 ルーピングビーズコースター

最もオススメなのは、世界的に有名な定番の知育玩具、「ルーピング」です。

非常にシンプルでありながら、カラフルなビーズをワイヤーを通して移動させる、という動きに子供は夢中になり、集中力を養うことができます

また、小さなビーズを手先でつかむことで、手先の知育になります。

 

ビーズは外れることがないため、飲み込む心配もありませんし、1歳の子供には安心して与えることができます。

見た目がおしゃれでインテリアにもなるため、プレゼントとしても最適です。

 

ボーネルンド社から出ている「ジョイトーイ」と呼ばれるシリーズが最も有名です。

中でも1歳前後から使える、しっかりした木製の土台に、大きめのワイヤーがついたルーピング「ファニー」「フリズル」がオススメです。

 

他にも月齢、年齢に応じて色々な商品がありますので、実際に使った感想や特徴を詳しくまとめた以下の記事をご覧ください。

0歳から1歳向け知育玩具「ルーピング」の効果と年齢別オススメ7選!

 

第2位 スイスイおえかき

1歳半頃になると、子供は自分で鉛筆やクレヨンを持って絵を描きたがります

確かに「絵を描く作業」は、想像力や独創性を鍛える上では重要です。

しかし、床やテーブルを汚したり、服にボールペンのインクをつけたりと、色々と親の手間が増えて大変、というのが悩みです

 

「スイスイおえかき」は、ペンに水を入れて白い布のようなキャンパスに絵を自由に描くことができるおもちゃです。

インクは一切使いません。

水なので、汚れる心配は全くありません

自然に乾くので、何度でも描き直すことができ、自由自在になぐり書きが可能です。

ペンを買い足せば兄弟で一緒に遊ぶこともできますし、スタンプを押して遊ぶこともできます

スタンダードなものから、「はらぺこあおむし」や「きかんしゃトーマス」などのキャラクターものもあり、子供がなじみやすい商品です。

(上の写真は「はらぺこあおむし」バージョンです)

 

周りには数字やものの名前が書いてあるので、文字の勉強もできます

1歳頃に買えば、4歳頃までは使える、非常に秀逸な知育玩具です。

 

実際に使ったレビューはこちらの記事をご覧ください。

「スイスイおえかき」初めてのお絵かき&文字練習におすすめ知育玩具

 

第3位 メガブロック

こちらもアメリカのおもちゃメーカー、フィッシャープライスの商品です。

知育ブロックは、早いうちから購入しておくのがオススメです(シンプルな積み木よりは知育ブロックがオススメ)。

しかし、1歳前後だと小さなピースの商品は扱いが難しく、ブロック同士の接続も難しいため、十分な知育効果が得られない可能性もあります

 

そんな1歳頃からでも使える知育ブロックが、こちらのメガブロックです。

名前の通り、一つ一つのピースがかなり大きく、接続部も深くてつなぎ合わせやすいため、手先が未熟な1歳の子供でも簡単に楽しむことができます。

 

また、ブロックの表面には数字やアルファベットが書いてあるため、知らず知らずのうちに文字をインプットすることもできます

このタイミングで知育ブロックを購入するには、最もおすすめの商品です

 

最初に買うなら、コンテナがついて片付けやすい、以下の101ピースの商品がオススメです。

 

実際に使った詳しい感想は以下の記事をご覧ください。

1歳からのブロック知育玩具|フィッシャープライスのメガブロックがおすすめ!

 

なお、知育ブロックについては、詳しい総まとめ記事を作成しています。

全て実際に使ってレビューしていますので、知育ブロックを選ぶ際にはぜひご覧ください

【年齢別に厳選】知育ブロック 9種類のおすすめ商品をランキング!

 

第4位 コップがさね

知育ブランド「コンビ」の、非常に人気の高いロングセラー知育玩具です。

子育て中の方150人に聞いた人気の知育玩具ランキングでも見事ランクインしており、多くの方がこのおもちゃを選びました

150人が選んだ!本当におすすめの知育玩具、人気ランキング15選!買ってよかったおもちゃはこれ!

 

手先がある程度使えるようになり、ものの大きさや色が認識できるようになる1歳児には最適の商品です。

単に重ねたり、何かを入れる容器にしたりと、さまざまな遊び方ができます。

 

重ね方は2種類あります。

上の写真のように内側を上にして重ねる方法と、下の写真のように外側を上にして重ねていく方法です。

いずれにしても、大きなものから小さなものから順番に重ねないとと、11種類全てのパーツを重ねることができない仕組みです

(一つでも順番を間違えると全てを重ねることができません)

「大きさの序列」という概念が身につくという知育効果が期待できます。

 

価格も安く、知育効果も高いため、早めに購入しておくのがおすすめです。

 

以下の実際に使用したレビューはこちら!

0歳から1歳向け知育玩具はこれ!コンビの「コップがさね」の効果

 

第5位 ミキハウスの音楽絵本

音楽が流れるタイプの絵本は、知育玩具としては定番です。

しかし、実際に店に行くとあまりに種類が多いため、どれを選べばいいか分からない方も多いでしょう。

迷ったらまず買うべきなのは、このミキハウスの「ポカポカフレンズシリーズ」です。

ポカポカフレンズは、多種多様な知育遊び絵本を出版している有名なシリーズです。

 

利点としては、

15種類の童謡が入っていて、覚えやすい

ドレミの音階が覚えられる(鍵盤にカラフルに書かれている)

音量やリズムを細かく調整できる

本として収納したり持ち運んだりするのが容易

といった点が挙げられます。

 

楽譜が付属しているため、書かれた音階を覚えながら童謡を楽しむことができる、秀逸なおもちゃです。

1歳の段階で音楽を学ぶのであれば、これが手軽で最適でしょう。

 

実際に使ったレビューは以下の記事をご覧ください。

1歳からおすすめ鍵盤付き絵本!ミキハウス ポカポカフレンズの音楽絵本

 

第6位 ジェコ

「Djeco(ジェコ)」は、フランス生まれの知育玩具ブランドです。

1954年生まれで歴史も古く、フランス4大おもちゃメーカーの一つと言われています。

ユニークなデザインと鮮やかな色使いが特徴です。

日本を含め、全世界30カ国以上で使用されています。

 

中でもおすすめが、ジグソーパズルです。

有名イラストレーターがデザインして作っているため、パズルを作るときは、まさに絵本の1ページを作るかのようです。

色鮮やかなペインティングや、色々な動物や植物が登場するデザイン性は、子供の豊かな想像力を養います

 

1歳であれば以下のような商品がおすすめです。

さまざまな動物パズルが含まれ、ライオンは3ピース、シマウマは4ピース、ゾウは5ピース、キリンは6ピースと、4種類のパズルが入っています。

一つの絵を作るためのピース数が少なく、またピースのサイズも大きいため、1歳の小さな手でも作りやすいのがメリットです。

自分で一つの絵を作り上げることで、子供は達成感を味わうことができます

 

詳しいレビューは以下の記事をご覧ください。

1歳からのジグソーパズル「Djeco(ジェコ)」フランス生まれのおもちゃ

 

まとめ

今回は、1歳に最適な知育玩具を厳選して6種類、紹介してみました。

全て購入してもいいくらい、素晴らしい商品ばかりです

子供の好みや、予算と相談しながらぜひ購入してみてください。

 

知育玩具全体のランキング記事もどうぞ!

150人が選んだ!本当におすすめの知育玩具、人気ランキング15選!買ってよかったおもちゃはこれ!